1. HOME
  2. ドック・健診
  3. 婦人科(子宮頚がん)検査

婦人科(子宮頚がん)検査

20~30歳代の若い女性に急増している子宮頚がんは定期的に検診を受けていれば、がんになる前の段階(異形成)で発見することができ完治が可能です。
早期発見に威力を発揮するがん検診を是非受けましょう。

子宮がん検診

当クリニックでは、子宮頚がんの早期発見を目的に「子宮頚がん検診(内診・子宮頚部細胞診)」と「経膣超音波(エコー)」検査をご用意しております。

●子宮頚がん検診(内診・子宮頸部細胞診)

内診によって、膣や子宮の様子を調べます。
子宮頚部細胞診は、子宮頚部の表面から細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。
検査は女性医師が担当いたします。

●経膣超音波(エコー)

子宮筋腫などの子宮病変の他、内診では発見できない卵巣の状態も把握できます。子宮頚がん検診と同時に施行することをお勧めします。
検査は女性医師が担当いたします。

対象となる疾患 子宮筋腫などの子宮病変、子宮頚がんなど
実施日

[外来診療]
月曜午後、火曜~金曜午前・午後

[定期健康診断]
月曜~金曜

[生活習慣病健診・人間ドック]
月曜~金曜

予約方法

[外来診療]
医師の診療を受けた後、医師の指示のもとに実施となります。

[定期健康診断]
完全予約制になりますので、定期健診ご予約時にオプションとして追加を申し込み下さい。

[生活習慣病健診・人間ドック]
完全予約制になりますので、生活習慣病健診・人間ドックご予約時にオプションとして追加を申し込み下さい。

このページのTOPへ